【奇妙】警察が来た時にはもうおじいさんは火葬されていた…

ADVERTISEMENTS:

ADVERTISEMENTS:

愛されたおじいさんの死を悲しむ家族 

メキシコ出身の74歳のミゲル・アンヘル・ゴマール・デ・ルナは、ほんの数ヶ月前に老人ホームから姿を消しました。近辺の人によれば飲みに出かけることが多かったというが…

おじいさんが夜遅くに帰る前に数杯引っかけるという状況は初めてではありませんでした。しかし、今回は帰ってくることはなく何ヶ月も捜索が続けられていたのです。家族は祖父のことをひどく心配し、警察は2か月後に家族に連絡を取り、ミゲルさんの遺体が見つかったことを知らせました。娘のルセロさんは写真から父かどうかを認識できなかったものの、警察は遺体が父親の特徴と一致していると主張したためルセロはついに諦め、必要な書類に署名し、おじいさんは火葬され捜索は終わりました。 

火葬の後、家族はついにおじいさんの死を乗り越えたものの、数ヶ月後に奇妙なメッセージを受け取りました… 

次のページで詳細をチェック 

ページ  1/2


ADVERTISEMENTS:
様々な
赤ちゃんを連れた父親が航空会社に追い返されるも、ポケットの中にある手紙が

赤ちゃんを連れた父親が航空会社に追い返されるも、ポケットの中にある手紙が..

まさかこんなことになるとは… 生まれたばかりの娘を連れて、知らない街の空港に立ち往生。災難としか言いようがない状況ですが、この物語はまったく違う展開を見せることに…...